知っておきたいがんの知識

子宮頚がん

日本における「子宮頸がん」の現状

子宮頸がんは、女性におけるがんの部位別死亡率では「第7位」です。
罹患率は、年齢別にみると20歳代後半から増加し、40歳代で最高となります。
近年、罹患率・死亡率ともに若年層で増加傾向にあります。

 

主な部位別がん死亡率の推移

※グラフをクリックすると拡大されます。

 

年齢階級別がん罹患率 年齢階級別がん死亡率

※出典:独立行政法人 国立がん研究センターがん対策情報センター

※グラフをクリックすると拡大されます。

サンライズクリニックの取り組み

女性スタッフが充実

 サンライズクリニックでは、女性医師および女性スタッフによる子宮がん健診を行なっています。
 平成24年度、当院で子宮頸部細胞診を受診された方は「2,528名」、その内要精検または要医療と診断された方は「304名」でした。

 近年、20〜30歳代と若年層でも子宮頸がんが多く見つかっています。上記グラフにもあるように、早期発見・治療を行なえば、完治しうるがんのひとつです。「恥ずかしいから」・「面倒だから」・「検査費用が高いから」と迷っている“あなた”一度受けてみませんか?

健診日

 子宮がん健診を受けられるお母さん、娘さんも誘われてはいかがですか?
サンライズクリニックでは平日午後に子宮がん・乳がん健診専用の時間帯を設けております。
詳しくはお電話にてお問い合わせください。

助成制度

 お住まいの市町村、勤務先や所属の組合(健康保険・共済等)によっては、健診費用の補助が受けられる場合があります。お手元にある保険証の発行元にご確認ください。
※岐南町・笠松町にお住まいの方、「無料クーポン」はお手元にありませんか?
  5年に1度のチャンスです。是非ご活用ください。

※子宮頚がんの詳しい内容につきましては
  「独立行政法人 国立がん研究センターがん対策情報センター」ホームページをご参照ください。