知っておきたいがんの知識

乳がん

日本における「乳がん」の現状

乳がんは、女性におけるがんの部位別死亡率では「第5位」です。
罹患率は、年齢別にみると30歳代後半から増加し、50歳代で最高となります。
また、乳がんにかかる人の数は乳がんで死亡する人の3倍以上です。これは、乳がんの生存率が比較的高いことを示しています。ただし、男性の乳がんの場合は生存率は低いとされています。

 

主な部位別がん死亡率の推移

※グラフをクリックすると拡大されます。

 

年齢階級別がん罹患率 年齢階級別がん死亡率

※出典:独立行政法人 国立がん研究センターがん対策情報センター

※グラフをクリックすると拡大されます。

サンライズクリニックの取り組み

女性スタッフが充実

 サンライズクリニックでは、女性医師による触診はもちろん、マンモグラフィ・超音波検査も女性技師が行います。平成24年度、当院で乳がん健診を受診された方は「2,286名」、その内要精検と診断された方は「135名」でした。追跡調査の結果、平成22年度における当院での乳がん発見率は0.29%、平成23年度は0.02%でした。平成23年度の発見率が低い理由として、繰り返し受診率が高くなっていることが考えられます。

乳がんは早期発見・治療を行なえば、生存率の比較的高いがんのひとつです。
「痛いから」・「面倒だから」・「検査費用が高いから」と迷っている“あなた”一度受けてみませんか?

健診日

 乳がん健診を受けられる方、お友達も誘われてはいかがですか?
サンライズクリニックでは平日午後に子宮がん・乳がん健診専用の時間帯を設けております。
詳しくはお電話にてお問い合わせください。

助成制度

 お住まいの市町村、勤務先や所属の組合(健康保険・共済等)によっては、健診費用の補助が受けられる場合があります。お手元にある保険証の発行元にご確認ください。
※岐南町・笠松町にお住まいの方、「無料クーポン」はお手元にありませんか?
  5年に1度のチャンスです。是非ご活用ください。

※乳がんの詳しい内容につきましては
  「独立行政法人 国立がん研究センターがん対策情報センター」ホームページをご参照ください。